Lovin' Kyoto Race Course…

アクセスカウンタ

zoom RSS ダノンシャンティの日本ダービー出走取消(2)〜NHKマイルCの意義

<<   作成日時 : 2010/05/31 18:28   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

NHKマイルCというGT競走は、当初はかつてダービーやオークスに全然出走できなかった外国産馬やセン馬を救済する意味合いを第一に持たせて、当時のNHK杯(GU)を格上げして2000m→1600mに変更して創設されたのであった。
距離短縮の目的は、ダービーやオークスでは距離が長いと分かっている馬にも、この時期にGT奪取の機会を与えたいということであったはず。

それが外国産馬もダービーやオークスに出られるようになったりしたこともあって、再びダービーのトライアル的な要素が色濃くなっており、もはや当初の救済の意味合いはほとんどなくなっている。

それでいてGTであり、やはりダービーまで中2週というのは酷なように感じる。

ダノンシャンティはダービー直前の故障ということで、この問題には該当しないが、ダービーを考慮してそこから逆算して馬を作り上げてきているのは確かだから、この中2週が3週になれば、NHKマイルC→ダービーというローテーションを考えるうえでも多少なりとも負担が軽減されるのは確かだと思う。
古馬の天皇賞(秋)→ジャパンカップ→有馬記念という王道でさえも、中3週置かれているのだし…

このような実情を考えれば、今回の故障とは関係ない事象ではあるが、もう一度NHKマイルC→ダービーというローテーションの間隔について再考すべききっかけにならないだろうかと、個人的に考えてしまう。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
ダノンシャンティの日本ダービー出走取消(2)〜NHKマイルCの意義 Lovin' Kyoto Race Course…/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる