Lovin' Kyoto Race Course…

アクセスカウンタ

zoom RSS ハローを無視して最後まで実況、当の本人も疑問視

<<   作成日時 : 2011/01/20 18:35   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

http://www.sanspo.com/keiba/news/110108/kba1101080505007-n1.htm

場内アナ、最後まで無視してレース実況
2011.1.8 05:04(サンケイスポーツ)
 オグリキャップの里で仰天の珍事が発生した。7日、岐阜県の笠松競馬場で行われた第3レース『若竹特別』(ダート1800メートル)の競走中、ハローと呼ばれる「走路整備車両」がコース内に進入…というか乱入。出走していた5頭は“障害”をウマく避けて全頭無事にゴールしたが、レースに重大な影響を与えたと判断され、競走は不成立。馬券に投じられた786万2000円は全額返還となった。

場内実況・藤原健一さん(40)の証言

 ハローが馬場に入っていたのがわかったのは、先頭の馬が4コーナーを回ったときです。3コーナーを回る際、場内がザワついていたから、落馬でもあったのかと思って全馬を確認しましたが、特に変わったところはなかったから、そのときは『なんでだろう』と疑問に思っていました。

 ハローが入っていても、まだレースが不成立と確定していたわけではないですから、とにかく競馬の実況という自分の仕事に徹し、ハローを無視してレースを追い続けました。ただ、後から考えると、最後までハローのことに触れずに実況したのは良かったのか悪かったのか、自分でも疑問に思っています。 (談)

この気持ちはよく分かります。
が、例えばかつてダイユウサクが勝利した第29回スポーツニッポン賞金杯(GV)においても、落馬してカラ馬で先頭で入線したメジロマーシャスには、落馬した瞬間以外には触れずに実況していることから考えると、ケースは違いますがこのレースでハローには触れずに最後まで実況したことは決して間違いとは言えないでしょう。

これでよかったと思います。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
ハローを無視して最後まで実況、当の本人も疑問視 Lovin' Kyoto Race Course…/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる